ホワイトニング

ホワイトニング方法

ホワイトニングとは、遺伝・加齢などが原因で変色した天然歯を削らず薬の力で白く漂白する方法です。(人工歯は対象外です) ホワイトニングの方法には、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと家庭で患者様自身で行うホームホワイトニングがあります。

ホームホワイトニング

歯ブラシ後、オーダーメイドのマウスピースに薬を注入し一日1~2時間程度使用していただくだけです。

  • メリット
    • 家庭内で行うため気軽に漂白可能
    • 頻繁な通院の必要が無い
    • じっくり時間をかけて薬を歯に浸透させるためオフィスホワイトニングより透明感のある仕上がりが期待出来る
    • 歯の白さの持続期間も長い
  • デメリット
    • 漂白効果に時間がかかる(毎日1~2時間使用して効果出るまで約1ヶ月程度)
    • 常に自分で行う為根気が必要

オフィスホワイトニング

歯科医院にて歯をクリーニングし薬を歯の表面に塗り光を照射し漂白します。(治療時間は約45分~1時間)

  • メリット
    • ホームホワイトニングに比べ短期間で漂白可能(通常1~2回)
    • 家庭でのホワイトニングは不要(再着色予防の為ホームホワイトニングとの併用をお勧めします)
  • デメリット
    • ホームホワイトニングに比べ後戻りがやや早い

ページトップへ

オフィスホワイトニング治療の流れ

  1. 治療上の注意点などの説明(事前に術前・術後の注意事項書・治療同意書をお渡しします)
  2. 治療前の歯の色の確認(既製のサンプル色を用いて治療前の色を確認して頂きます)
  3. 歯肉・歯根面の保護(術中・術後の違和感防止のために行います)
  4. ホワイトのング材の塗布(35%過酸化水素を混入した透明ジェルを歯の表面に塗ります)
  5. ホワイトニングライト照射(発熱を抑えたハロゲンライト光を歯の表面に10分照射します)
  6. ホワイトニング材の除去(簡単に吸引除去出来ます)
  7. 治療後の歯の色の確認

※薬剤の性質上ホワイトニング材の塗布・光照射を1日に3回に分けて行い、それを1クールとしております(上記4~6)

  • ホワイトニング症例その1
    (40歳代女性 オフィスホワイトニング)
    オフィスホワイトニング 1クール ¥20,000
    ホームホワイトニング ¥20,000
  • ホワイトニング症例 その2
    (30歳代女性 オフィスホワイトニング)

    小学生時に虫歯が原因で上顎前歯4本の神経を除去、年々歯が変色することを主訴に来院。前歯4本に人工歯を被せる前にそれ以外の歯をホワイトニングし漂白終了後の色にマッチさせた人工歯を被せ治療完了。臨床上、最も多い治療例です。

  • ホワイトニング症例 その3
    (50歳代女性 ホームホワイトニング)

    歯並び、磨り減った歯の形、歯の色など全ての審美改善を主訴に来院された50歳代女性患者様です。術前に歯周病治療を行った後矯正治療により歯並び全体を改善、その後ホームホワイトニング、一部補綴治療により審美回復をはかった症例です。条件さえ整えば年齢に関係なく審美回復は可能です。

ページトップへ